小規模事業者向けのWindows Server 2019 Essentials

1.はじめに

2.Windows Server 2019 Essentialsの取得とインストール

3.WindowsAdminCenterによる管理

4.ActiveDirectoryの導入

1.はじめに

まずWindowsサーバーを導入されていないもしくは導入検討されている小規模事業者の方は多いのではないかと思います。

また現在Microsoft社ではWindows Serverの刷新を進めておりAzureなどのサービスと並行してWindows Server 2019 Essentialsという強力で安価なサーバーをリリースしていて魅力的な選択肢になっています。

Microsoft社が同時に展開しているAzureについてはVirtualMachine環境をMicrosoft社で提供することでサーバーなどをそのまま堅牢なデータセンター内に構築することにより自社内サーバールームより遙かに安全性に優れる、またサーバールームを別用途に有効活用できる、電力代の削減効果、サーバー諸設備にかかる諸経費の削減、サーバー管理者のリモート化、災害時の堅牢性、減価償却の不必要化により経費計上の簡易化など優れている点は多々あり将来的に主流になることは考えられますが、将来的なシステム更改などの経費の上昇などを踏まえた長期的なプランニング、またシステムのハードウェアデバイスに対する対応(これは開発メーカーがどれだけAzure用の動作・開発環境を提供できるかに寄る)、万が一のネットワーク障害(これは衛星LANの普及により解決すると思われる。)などの課題があります。

そこで小規模事業者にとっては現在はまず手が出しやすいWindows Server 2019 Essentialsの実機稼働をこの本では解説して行きたいと思います。

こちらはマイクロソフト社によるとWindows Server 2019 Essentialsは25デバイス、50ユーザーまでで定額で販売されておりこの条件に当てはまる小規模事業者にとっては他にサーバーにアクセスするユーザーごとに必要なCAL(クライアントアクセスライセンス)やプロセッサ事に決まる複雑なコアライセンスをとりあえず気にする必要が無く導入しやすいプランとなっています。

WindowsServerを導入する事によるメリットは社内コンピューターネットワークの一元管理、ファイルやデータベースの共有による業務の効率化、各ネットワークソフトウェアのERPCRMの導入連携による業務の経理、顧客などの戦略的分析、社員の交流促進などの為のワークフロー、出退勤管理の一元化及び給与計算の簡略化など多々あります。

またWindows Server 2019 EssentialsではHyper-Vという仮想マシン環境も提供されており他のWindows製品他Linux OSなどの同時稼働などより利便性が良いものとなっています。

この本ではWindows Server 2019 Essentialsで最低限必要な事またより利便性をよくする為の利用など記載して行きます。

なるべく専門用語は使わず各操作に応じた構築などを取り扱っていきますので初心者の方も手順を追えばWindows Serverが稼働できるように説明しますのでよろしくお願いします。


Copyright 2011-2019 office primer All Right Reserved.

お問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

*お名前
*電話番号(半角)
*Mail(半角)
サイトを知ったきっかけ 友人・知人  検索エンジン
*お問い合わせ内容

 

写真はイメージです。お客様に合わせて最適なソリューションを提供します。
『詳しい事業者情報や販売条件等はお申しでいただきましたら、メールで送付します』